runaround’s diary

なんとなく、つれづれ

マンガでわかる外国人との働き方 を読んでみたよ

https://www.instagram.com/p/BvYAqsPp8xo/
読んだー。感想まとめよう。(まとまるかな…^_^;)#マンガでわかる外国人との働き方


発売間もない、話題の本です!

ロッシェル・カップさんはDevLove関西さんのサーバント・リーダーシップの勉強会でお話聞かせていただいたり、
リージョナル・スクラム・ギャザリング・トーキョー 2019でもセッションを聞かせていただきました。

ちょまどさんは超有名なエンジニアさん。よくTwitter界隈でお見かけする方ですね。
この本に出てくるエピソードのいくつかは彼女の実体験だとか。
ああー!やっぱりー!私もあるある!って経験ありましたよ。


感想の前に私のことをちょっと書いておきますね。

  • 公用語が英語の、日本のIT企業でサーバーサイドのエンジニアしています
  • 同僚の大半は海外のエンジニアと少数の日本のエンジニア、日本・海外 両方のパートナースタッフエンジニア
  • 上司は日本人です
  • 元々はパートナースタッフエンジニアとして同社に勤務していて、当時は大半が日本人でした
  • ここ1〜2年で急激に海外エンジニアが増えました
  • 所属していたチームにも海外エンジニアが来ました(日本語話せない人)
  • 英会話は以前から勉強していたけれど、なかなかTOEICのスコアは上がらない_:(´ཀ`」 ∠):
  • 以前は伝統的な開発現場で日本語のみでお仕事してました


で、この本を読んでみて共感したことを元に、私がいる環境で失敗したことや気になったことなどをざっくり書いてみようかなと。
あ、差し障りのない程度にって思ったんだけど長文になっちゃった・・・。

自己紹介でポジティブに自分を紹介する

最近所属部署を異動したのでちょうど自己紹介するチャンスがあったのですが・・・。
先にこれ読みたかったw
以前の所属は●●で4年ぐらい居たんだよーっていうのは言えてたかな。
ポジティブに話す方がいいよ、というのはプライベートで通っている英会話で教えてもらいました。
皮肉はイギリス人の先生から教えてもらったw

曖昧な表現を避ける、でも鋭くストレート、ではなく明確かつ丁寧に話す

すごいコンボw
本にあるように、断ったつもりなのにYesと取られてしまうというのは私も経験があって。
つまりNoは明確にしないといけないのだけど、ダイレクトに言っちゃうとモメる。
「うーん、そうしたいのはやまやまなんだけど、無理なんだよねー、今タスク溢れてて出来ないんだー、ごめんねー」みたいな。
私、これを言わないといけない状況になったことがあるんです。
つたない英語で頑張って言ったつもりだったんだけど、あとで、話が違う、とかややこしい事態になってしまったことが。

空気を読んで、ではなく言葉で説明する

以前会社でクロスカルチャー系の研修を受けたことがあるのです。
その時にハイコンテクスト vs ローコンテクストの話が出て、
気持ちよく働くにはローコンテクストの国の人に合わせて言葉で説明した方が良いね、って話になりました。
聞いてる側がイラっとして「そんなの知ってるよ」って言われちゃうこともあるけれど、
でも知ってるだろうで話を進めちゃって実は全然認識あってなかった、っていうのは辛いしなぁ。

日本人よりも繊細な感覚のお国柄の人もいる

日本人は割と繊細だと思っていました、以前は。
でももっと繊細で細やかな海外の方はいます。(断言)
国別で言及している文章も見かけるけれど一概には言えないかなぁと。
その人個人の性格にもよると思っています。
なので、どの国のどの役職のどんな年齢の方であっても、丁寧に対応する、というのは本当に大切だと思います。
もちろん日本人同士であってもね。

私は丁寧に言ってるつもりなんだけど、「人のモチベーションを下げる言い方をするな」ってものすごいフィードバックを受けたことがあります。
でもどの部分がそうかは未だにわからず。

分かってるフリをしない、勇気を出して聞く、ゆっくり話してとお願いする

これ、痛感。
部署異動して、毎日多拠点を繋いだテレビ会議に参加しているんですが、聞き取るのが難しくて必死です。
明確に「わかった!ありがとう!」って言えることもあるけれど、
わからないときは「えっ?えっ?ごめん、も一回言って!ごめん!」って言うこともあります。
お国によって英語の発音もそれぞれだから、頑張って耳を慣らしてる最中です。
ゆっくり話してもらってもわからない時もあって、画面シェアで図を示してもらったり、チャットで書いてもらったりすることも。

まずは結論を話す

これ、日本の会社でもやった方がいいよね、と思います。
時間がない忙しい上司には絶対これ。
ちなみに関西人はだらだらと話をされると「で、オチは?!」ってキレるでしょ?ってよく聞かれます。
そんなことないと思いますよー。私はキレるけど(冗談です)。

パラグラフ・ライティングの「主題」→「根拠」→「結論」の流れ、プレゼンでも最初に結論置くといいよって尊敬する大先輩も言ってた。

会議で積極的に発言する

色々偉そうに書いてきましたが・・・これ出来ていません・・・はい。
異動して間もなくて様子見している、英語で話すのがまだ勇気が要る、というのもありますが。
発言しない = 参加してない = 仕事してない
心に刻みました・・・。

ちなみにですが、発言しても全て否定・却下されるという会議に参加したことがあります。
発言しても微妙な空気が流れて、誰も反応しない、とか。
発言しやすい雰囲気作りも大切ですね。

シークル

もう!激しく!同意!
私も最初面食らいましたwww
前後の文脈から「あー!SQLのことねー!」ってなったけど。
技術的な用語ってどう発音するんだろう?ってもの多いですよね。

会議で日本語で話をしない、ノンジャパニーズを置いてけぼりにしない

あ・・・ちょくちょくこの場面に出くわしているかも・・・。
正直なところ、いいのかな・・・?よくないんじゃないかな・・・って思ってましたがやっぱり。
言葉がわからなくても表情や声のテンションで言い争ってるとかはわかっちゃうので、
(私も英語で悪口言われているのはわかりますし)
気をつけた方がいいですね。
もし日本語で話していたら英語で話を戻すとか、頑張ってみよう。

他の人の意見を重視してからはなく、自分の意見や考えを述べる

どうしても誰かに確認してから話す、という悪い癖がついてしまってるんです、私。
あんまり自信なく言うもんだから「自信を持って間違えて!」って言われたことがあるw
間違えててもいいから思ったことは表現しよう。
間違いを指摘されたら「あー!そうなんだ!ごめんごめん!ありがとう!指摘してくれて!」って言おう。

自己PRを遠慮しない

これも超苦手・・・。
周りにすごく仕事できる人が多くてPR内容も納得できることが多いので羨ましいです。
忙しい上司がずっと自分を見てくれているわけではないので自分から報告しないと、って思うことにします。

問題が起きた時の対応は国が違うとそれぞれである

日本の対応方法が全て正しいというわけではないけれど、
日本のサービスを担当している限りはトラブル対応方法は日本式がいいと思っています。
もちろん改善できる点はするという前提で。
本にも書かれている通り、なぜこの方式が良いのか、は明確に説明出来て全員で理解できるようにしたいですね。

世間話はまず自分のことを話す

これも英会話で学んだかなぁ。
よくドラマでもありますね。「人に名前を聞く時は、まず自分から名乗れ」みたいな。
自分のことをオープンにしたら、相手も心を開きやすいって。

リスク回避文化とリスク指向の文化

これ、アジャイルと非アジャイルかな?って思って読んでいました。
慎重で保守的 vs 失敗することを厭わない、やってみないとわからない
正反対の文化なので理解し合うのは大変だけれど、これもお互いが歩み寄って摩擦を減らすしかないのかなぁ。

プレゼン方法に関しての文化の違い

これまた激しく同意。
私が好きなタイプのプレゼンは海外の方のパターンです。
全ての情報が載っているものではない。

「日本企業ではプレゼンのスライドはその後独り歩きする」にウケました。
つまりプレゼンをその場で聞いていない人でもスライドを見ればわかるってことですよね。
私は聞いたその場で質問があれば聞いたり、他の参加者さんとプレゼンについて対話したりするのが好きですけどねぇ。

これが私が勉強会やイベント、カンファレンスに参加するモチベーションにもなっていると思います。

縦社会的な文化と平等意識の強い文化

これは初めて目にした情報でしたが、納得。
私がいる会社は日本にありますが、かなり特殊で他の日本企業とは様子がかなり違うのです。
だから「一般的に日本企業は・・・」と言われても、うちは当てはまらないことが多い。
縦社会的な部分もあるけれど、平等意識もある。ハイブリッド?

相手の祭日を意識する

前職でも中国の企業とお仕事していたことがあり、春節などの休日はスケジュールに組み込まれていました。
もちろん今の職場でも同じです。
日本にも年末年始、ゴールデンウィーク、お盆などありますし。
お互いのお国の事情は認識しておくとお互い仕事がスムーズになりますね。

自分の尺度で良し悪しを判断しない

心がけているのですが、まだまだだなー。
「あれ?なんでこの人はこう言ってるんだろう?こう動いているんだろう?」って気づいたら、
周りに聞いたり本人にそっと聞いたり、調べたりする。そして理解する。
または怒られる (T ^ T)
これの繰り返しなんですかね・・・。



結構今まで失敗してズタボロなんですけどw、あとがきを読んでいて、ものすごく勇気付けられました。

  • 失敗して絶望したり自分を責めて悲観的にならず、ポジティブにその失敗から学んで次に繋げることが大切
  • 誤解やミスがあっても寛容な態度で受け入れて、お互い笑い合って解決

来週からがんばろーっ

個人からチームへの越境、チームから組織への越境 を聞いてきたよ

今日はこちらの勉強会に行ってきましたー。

devlove-kansai.doorkeeper.jp


という偶然?
プロ無職についての説明はこちらのスライドが参考になるとか。


まずは湯川さんのセッション。

個々のエンジニアによる開発を「個人商店化」と表現されていてイメージしやすい。

「再」発明ってところがミソですよね。似たような失敗を個々で再現しちゃってる。とほほ。

で、属人化を解消したくてチームで開発・・・の例えも秀逸でした。


撮影禁止でしたが具体的なカンバンなどの写真を見せていただきました。
シュリケン型のマグネットや、バナナマグネット、あんまり使いたくない救急車やパトカー、消防車のマグネットまで。(緊急事態ってやつですね)
シュリケンは見つけた小さな問題に刺してるんだそうです。
問題を小さいうちに見つけて改善するのに役だつアイテムかな。


あと外の勉強会やイベントを社内に持ち込む工夫も話されてました。

こういうのが出来るというのは、登壇者さんの信頼貯金があるんじゃないかなぁ。
信頼してついてきてくれる仲間がいる。


ちょっとルー語www
でも硬い言葉よりソフトな表現の方がいいのかも。


次は梶原さん。
実はFacebookでお見かけすることが多くて、勝手に親近感を(こら
名前が似ていて弊社に在籍しておられたこともあって。


ふりかえり、GoodとMore(Problemじゃない)ですって。
Moreって前向きでいいなぁ。

んー、ということは不確定要素が多くても自律的に動くっていうのはすごいことなんだな。


チームや組織で動くには、メンバーのコンテキストを揃える必要がある、とのこと。

このコンテキストの話、後のダイアログでも話題になったんですが。
社員とパートナースタッフ(派遣された技術者)など立場の違う人間ではコンテキストを揃えづらいんですね。
あとはスキルの差もあるかな。

立場や使命が違ったとしてもお互い歩み寄るにはどうしたら・・・?という悩みには、
「とりあえず楽しそうにして興味を持ってもらう」という話が出ました。
そう、役に立つかも楽しいかもわからないことに誘われても、人は参加したいと思わない・・・


辛い言葉だけどその通り・・・。
対話も学びも積極的にしないと毎回失敗しちゃうな。


インプットばかりして、と言われることもあるけれど。
悩みがあって救いを求めて勉強会に参加しているのは今も変わりない。
悩みがなくならない限り、これからもずっと参加してヒントを探し求めると思う。

それが私のしたいこと。

世界のエリートは大事にしないが、普通の人にはそこそこ役立つビジネス書 を読んでみたよ

以前勉強会で話されていて手に入れていた本。
どなただったか・・・忘れちゃった・・・。

デイリーポータルZ編集長さんが書かれた本なのですね。

books.rakuten.co.jp


タイトル、目次を読むとユルい本なのかなーって思うんですが・・・。
いや、ユルいけれど共感できる部分が多くて面白かった。
いかに頑張らずに楽しく仕事するか、が書かれている本。


例えば「かっこいいビジネス用語」集。
小学生並みの表現をかっこよくする。

  • 頑張ります → PDCAを回す
  • 気が変わった → ピボット
  • だめ → 伸びしろがある
  • やってみないとわかりません → アジャイルリーンスタートアップ
  • 忘れてました → 可及的速やかに着手します


あと、「大抵の辛いことは引いて見るとおもしろいのだ。」とか。
俯瞰した視点を持つって感じかな。

また「アイデアを考える時の最大の要素は『機嫌よくいる』だと思う。」とか。
怒られたり怖いこと言われて挑発されても、まずは「ええー!」と驚いて機嫌を維持するとかw

しゃぶしゃぶ温野菜の話も出てくるんですけど(好きだーこの店)。
メニューに「野菜がたくさん食べられると自分に言い訳ができる店」って書いてあったとか。
客の言い訳まで先に考えてくれているのか、とw
うちのオカンもしゃぶしゃぶ食べる時、よく言ってるなぁこのセリフ😅


楽しい話にちょくちょく真面目なことが書いてあるんですよ。

意地でも楽しそうに見られる、得するからって。
会議やSNSで批判的なことばっかり言ってると、脳内に意地悪な人格が形成されてしまって、自分がものを作るときにそいつが顔を出す、と。
人のものはなんでもおもしろがって、ぬるま湯な雰囲気を作り、自分もそのぬるま湯に浸かる、と。

なるほど人を批判することで自分へのハードルを上げちゃって損しないように、ってことかな。


他にも沢山共感できることが書いてあります。
5年前ぐらいの本だけど、ちょっと前感は全然ない。


またちょくちょく読み返してみたいな、プレゼンの技とかw

自己組織化されたチームへの道筋 を聞いてきたよ

今日はこの勉強会に参加してきました。

devlove-kansai.doorkeeper.jp


洋さんからすごいお知らせw

ふわっとしたお題の時はこんなもんです、みたいなw

でも確かにそうなんですよね。答えがあるわけではなく。
体験談は聞けるけれど、同じことが出来るわけではなく。
会社や上司、メンバーが違うので同じようにはいかない。


今日は頭の中で固まらないまんまとりあえずアウトプットしておこうかと。
まぁ、いっつもとっちらかった小学生並みの文章ですが。


そういやフジイさんのプログラミング以外のお話聞くのは初めてかも。

・・・これは筋トレのお話でした。


HRT(ハート)についてはこちら。Team Geek、まだ読めてない・・・・。
qiita.com


みんな違ってみんないい、のこころ。
実際同じスキルの人なんてまず集まらないし。


そうかー、交代制にしているのはそういう目的だったのか・・・(すみません、気づいてなくて


あとチーム内で特定のタスクについてプロが誕生したら、こんなことをしているらしい。

なるほどー。うまいこと属人化しないようにしているんですね。
しかも得意なことは人それぞれだからお互いが何かのプロになって、お互いが弟子入り出来るといいなぁ。


その後のフジイさん話が(いつか)聞けるのですね。ワクワク。


Akiさんのお話。


物騒な表現ですが。
ああ、これ言ったら怒るんだな、この人、っていうのは知っておくと良いですね。
やっとむさんの心理的安全性ゲームもやってみるといいですね。

run-around.hatenablog.com


これは・・・耳痛いw
優越というか、いくら自分の気持ちを話しても伝わらない時は、
きっと見えている景色が違うんだなぁと思ってしまう。ついつい。
自分が高い位置にいると思い込んでいるわけではないと思うのだけれど。


こんなゲームもあるのかー。やってみたいな。


ちらっとツイッターで見かけたことがあった話題。

「好奇心は簡単に死ぬんやで。あんたが殺したんや。」

これ、「●●を知らないのでやってみたい」「え、そんなことも知らないの?」
・・・
今、好奇心が死んだ瞬間です。
前の現場で毎日聞いてたなー。マネージャーさん、元気かなー。
周りの部下をパワハラで潰しまくってましたが。


帰り道、頭の中でイテレートしてたのは。
自己組織化って自分たちで責任を持って決めて実行する組織ってことでしょ?
しんどいからやだ、って思うのが普通だよなぁって。
言われたことをやってたら、指示待ちしてたら楽なのにね。
でも、やろうとしたり出来ている人たちのモチベーションはどこから来るんだろう?

自己組織化しろ、っていうのはもうすでに自己組織化できてない。
文化の違い?(日本と海外)
世代の違い?
スキルの違い?

自己組織化できてない中でがっかりしていたこともあったけど、
今は自己組織化している環境にいて、毎日じっくり観察している。
でも、なぜこう動いているのか、それはわかっていない。
いつかわかる日が来るかなぁ・・・。

マーベル・シネマティック・ユニバース 全部観るぞメモ 更新

久々に更新しておくよーっ
以下映画の時系列。
持ってる、というのはディスクを持ってる、の意。

  1. アイアンマン(観た)(持ってる)
  2. インクレディブル・ハルク(観た)(持ってる)
  3. アイアンマン2(観た)(持ってる)
  4. マイティー・ソー(観た)(持ってる)
  5. キャプテン・アメリカ / ザ・ファースト・アベンジャー(観た)(持ってる)
  6. アベンジャーズ(観た)(持ってる)
  7. アイアンマン3(観た)(持ってる)
  8. マイティ・ソー / ダーク・ワールド(観た)(持ってる)
  9. キャプテン・アメリカ / ウィンター・ソルジャー(観た)(持ってる)
  10. ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー(観た)(持ってる)
  11. アベンジャーズ / エイジ・オブ・ウルトロン(観た)(持ってる)
  12. アントマン(観た)(持ってる)
  13. シビル・ウォー / キャプテン・アメリカ(観た)(持ってる)
  14. ドクター・ストレンジ(観た)(持ってる)
  15. ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー・リミックス(観た)(持ってる)
  16. スパイダーマン / ホームカミング(観た)(持ってる)
  17. マイティ・ソー / バトルロイヤル(観た)(持ってる)
  18. ブラックパンサー(観た)(持ってる)
  19. アベンジャーズ / インフィニティ・ウォー(観た)(持ってる)
  20. アントマン&ワスプ(観た)(持ってる)
  21. キャプテン・マーベル(観た)


待ち遠しい作品がこちら。
今朝、ジェームズ・ガン監督の復帰が報道されたのでさらに鼻血ブー。


そういやヴェノムちゃんはMCUじゃないのね。
あと今年はDCものも初めて観たなぁ。アクアマン。
Xメンは・・・どうしようかなw
デップーは観てるけど。

自分を立てなおす対話 を読んでみたよ

帯状疱疹がようやく治ってきて、本も読めるようになってきました。
というわけで今回の話題はこちら。

books.rakuten.co.jp


一応リンクを貼っているのですが在庫なしで購入は出来ません。
密林さんだと中古で買えそうですがかなり高いと思います。
メル●リとかラクマとかだと入手出来そうです(ちょっとだけ高いかな?)。
私もラクマで入手しました。多分プラス1000円ぐらいでした。


この本を知ったきっかけはRSGT2019のワークショップでした。

confengine.com

智慧の車座」と「問題をほぐす対話」というキーワードや、
ターゲットが「会社で理不尽な思いをしている人 / こじらせている人」とかになっててw


はいはーい!こじらせてまーす!!
マイティー・ソーに出てくるロキぐらい、こじらせてまーす!
(マーベル知らない方はスキップしてください。)


文体が優しくて事例も沢山載っているのですごくわかりやすいです・・・。
が。

本当にこじらせ中や心が弱っている時に読むと、結構キます。
胸にチクチクと。
なので、ちょっと谷底から上昇し始めた頃に読むと良いかと思います。
底にいると色々と思い当たり過ぎて読むスピードが上がらなかったりします(私がそうでした)。


この本で得られることは、

  • 問題を解決するのではなくほぐすというのはどういうことか
  • 対話とはどう進めると良いのか
  • 智慧の車座による対話の方法(手順やコツ)

です。

事例もかなり具体的なので「あるある」ってある意味共感しながら、
またはこういう人いるよねーって身近な人を思い浮かべながら読み進められます。


最後に書かれている「絶対感覚 × 共通感覚」の章は本当に読んでよかった。
問題をほぐして自分を立てなおす経験を積み重ねた人は「絶対の感覚」が生まれてきて、
自分なりの判断軸や価値軸が作られる。絶対音感みたいな感じ。
周りに振り回されず自己受容出来るので自分に苛立つことも少ないし、周りに当たり散らすこともない。

なんだかジェダイマスターみたいだな。(違うか)



モヤモヤしてこじらせている気分の時こそ、自分に素直に「じゃ、本当はどうしたいと思っているの?」って問えるようになりたいなぁ。

MySQL 8.0 入門セミナー ~チューニング基礎編、SQLチューニング編~ に参加してきたよ

今日は午後休。前から申し込んでいたこちらへ参加してきました。

eventreg.oracle.com


以前バックアップ編に参加してすごく面白かったんです。

run-around.hatenablog.com
run-around.hatenablog.com


ラクルさんのサイトからドキュメントをダウンロードさせていただきましたー。
今回は資料のページ数すごいw
チューニングって苦手意識あったのですごくありがたい。


チューニングとは、の話から、環境チューニングやSQLチューニングの話まで、今回もすごく面白かった。
色々とこれから試してみたいので今日はさらっとエントリーで。
(というか私のメモリの揮発性が高いので書いておかないと忘れるー)


実は本日から別グループに異動したので、前グループはMySQL使ってたのだけど・・・
違うDBになっちゃうのですよねー。(開発してる会社は一緒だけど)


まぁ、でも出来ることや実現方法は差分取ればいいし、これからもMySQLは好きなので趣味で触ろうかなー。
(そういやOJT行ってたグループのマネージャーに家でMySQL触ってるって言ったら変態扱いされたけど・・・)